Follow by Email

2012年7月12日木曜日

on tha street ....fukushima kobayashi




Things are certainly positively considered by the interpretative method.
例えば、自分の想いを後者に伝えたいとする。それに対し後者の中には反発する者も出てくる。無視するものも出てくる。それが一番僕の燃えるとき。 なんだか 自身の目標、考え、または夢に力試しをされてるような気がして。反発や無視をする後者に対し、どうやって伝えようか試行錯誤することで初めて 何のためにとか、なんで大事なんだとか、「伝えたいもの」の真意を自分自身が理解できるからだ。 物事は解釈次第で必ず前向きに捉えられる。
Thank you.

0 件のコメント:

コメントを投稿